コレヒドール島の地図Map of Corregidor

スポンサーリンク

マニラからの人気日帰り観光スポット、タガイタイとコレヒドール島

もはや定番観光地、タガイタイへの行き方

マニラからパサイにあるBLTBバスターミナルからナスブNasgbuまたはバラヤンBalaya行きに乗り、途中下車。または、バクラランからタガイタイ行きのミニバスが運行。海外からの観光客はホテルの運転手つきレンタカーで行くのが安全確実でよいだろう。所要約2時間。

ツアーで行こう!コレヒドール島への行き方

ツアーで行くのが一般的で、サン・クルーズSun Cruises ℡(02)831-8140がメトロ・マニラから日帰りツアーを実施。高速艇が毎朝8時にパサイにあるフィリピン文化センター横のターミナルを出発し、15時45分に戻ってくる。日本語ガイド、昼食付きだ。所要約1時間。


マリンタ・トンネル (コレヒドール島)

1922~1932年に造られた長さ250m、幅7mのトンネル。当初は兵器庫と地下病院にする計画だったが、マリンタの丘の下にあり、爆撃から逃れるのにぴったりだったこともあって軍の司令部として使用されていた。後にはフィリピン大統領がここを使用したことがある。現在はここで光と音のショーを見ることができる。このショーは、フィリピンの著名な芸術家・映画監督であった故ランベルト・アヴェラナ氏が考えたもの。戦時中のトンネルの様子を再現したりするもので、上映時間は約30分。


灯台 (コレヒドール島)

海抜188mにあるこの灯台からは、マニラ湾、南シナ海、そしてコレヒドールの全景を一望できる。1836年に初めてスペイン人によって建てられ、その後1897年に造りかえられたが第二次世界大戦中に崩壊。現在のものは戦後に再建されたもの。


太平洋戦争記念館 (コレヒドール島)

1968年にアメリカ政府がUS$300万を費やして建設した記念館。入口から左側には映画館の跡、奥には博物館、右側には駐屯司令部や独身士官用の宿舎の跡がある。


マイル・ロング旧兵舎 (コレヒドール島)

島の頂上は、かつてミルズ駐屯地の中心部だった。ここには防湾司令部やマイル・ロング兵舎、病院のほかスペイン時代の灯台などがあった。また、周辺には大砲が配置されマニラ湾の入口を守っていた。


武蔵記念碑

1944年レイテ湾の戦いで撃沈された「戦艦武蔵」の慰霊碑。フェリー乗り場近くにある。


【Copyright(C) 2006.08.04-2018 TS MAP all rights reserved.】