ラグナ州の地図Map of Laguna

スポンサーリンク

ラグナ州のみどころ

パグサンハン(Pagsanjan)の滝をはじめ、ラグナ州はマニラから日帰りできるエリア。主な町を紹介しよう。まず、国の花、サンパギータの産地として有名な町サン・ペドロSan Pedro。サンパギータとは茉莉花のことで中国のジャスミン茶などにも使われている。花は白く、甘く華やかな香りを放つ。マニラでは路上や市場などで白い花のレイを売り歩く子供たちの姿を目にすることがあるが、あれがサンパギータで作られたもの。タクシーのフロントガラスなどにもよく飾られている。町のお花畑では、早朝、白い花を摘む光景が見られる。そのほか、カランバCalambaは国民的英雄ホセ・リサールの生誕地。生家は赤い屋根を持つ2階建てで、記念館として公開されている。ナグカルランNagcarlanは、赤レンガ塀で囲まれた敷地の下に150年前の地下聖堂と地下墓地がある町。パグサンハンの隣町ルンバンLumbanは、パイナップル繊維ピーニャやバナナ繊維フーシを使った刺繍生地の産地。この布から男性の正装バロン・タガログや洗礼式のドレスなどが作られる。人造湖、カリラヤ湖Lake Calirayaは、ウォータースポーツが盛ん。バスフィッシングでも有名。また、山下財宝が眠っているとの噂もある。湖畔には日本庭園もある。

ラグナへの行き方

マニラからBLTB, JAM, トリトランなどが出ている。


パグサンハン滝(急流下り) Pagsanjan Falls

パグサンハン川上流にあるパグサン滝。1時間ほど川を上り、迫力の川を堪能した後、急流下りはスタートする。舟の前後の漕ぎ手たちは、流れに乗って岩肌スレスレのところも一気に勢いよく下って行く。スリルも景色も文句なしの2時間半だ。

ロス・バニョス

ロス・バニョスとはスペイン語で「温泉」という意味。1590年にこの地方に温泉が発見されて以来、ラグナ州でも有数の温泉リゾートとして人気を集めてきた。今も沿道にはリゾートホテルが立ち並び、保養に訪れる人も多い。

サクサク、アツアツ ブコパイ Buko Pie

ラグナ州の名物にブコパイBuko Pieがある。ブコとはココナッツの果肉のこと。なかでもおいしいと評判の店が、ロス・バニョスのオリエント・オリジナル・ブコパイ・ベイク・ショップOrient-The Original Buko pie Bake Shop。メトロ・マニラからも買いに来るほどの人気で、いつも長蛇の列だが、15分も並べばできたてが買える。口に運べば皮はサクサク、中はとろ~り。素朴な甘さがたまらない。パグサンハンからメトロ・マニラへ向かう道沿いにあるので急流下りの帰りによってみてはいかが。

【Copyright(C) 2006.08.04-2018 TS MAP all rights reserved.】