フィリピン年間気温グラフ
  • 気温
    フィリピンは熱帯性のモンスーン気候に属しており、年間を通して高温多湿で、平均気温は26~27℃。1991年のピナツボ火山の大噴火以来、乾季でも雨が降るなど気候も変動している。12~2月の気温は一番低く、ルソン島北部の山岳地帯などは早朝は肌寒い。4~5月は29℃とやや高く、学校も夏休みになる。4月ごろから水も温かくなり、海の中は快適。短い丈のウエットスーツで充分。気温の少し下がる年末~2月ごろは水中でも寒く感じる。

  • 降水量
    雨季は、毎日のようにスコールが降る。水はけの設備があまり整っておらず、町の各所で巨大な水溜りができる。とくにメトロ・マニラでは、普段から激しい交通渋滞が輪をかけて激しくなる。セブなどのビサヤ諸島は、ルソン島ほどはっきりと雨季と乾季が分かれていない。全国的に一番降雨量が多い時期は7・8月。7~9月はビサヤ諸島、ビコール地方(ルソン島南部)、ミンダナオ島北部はモンスーンの通り道なので船で移動する際には注意が必要。
【Copyright(C) 2006.08.04-2018 TS MAP all rights reserved.】